更埴市:大雲寺


交通
JR屋代駅から代入口行きバスで鳥居前下車,徒歩15分
地図

大雲寺

八幡山大雲寺は曹洞宗(そうとうしゅう)の寺院で,本尊は釈迦如来,脇侍(きょうじ)は迦葉尊者・阿難尊者です.本堂は宝歴3年(1753),庫裏(くり)は天保4年(1853)の再建で,高く長く古城を思わせる石垣は,天保5年から工事に着手し同14年まで9か年の歳月を費やして築いたものといわれています.

大雲寺とその裏山にである矢崎山の修那羅系(しょならけい)の石仏群をあわせたこの地域一帯は,自然に恵まれ,優れた景観を保っていることから,郷土環境保全地域に指定されています.

桜の花のリスト


Back Home English