9.2 大数の法則

  2-1. 例

コインを10,100,200回それぞれ投げてみます.
は,なる確率変数です.表が1,裏が0)()






に収束することが期待されます.

下は実際にコインを200回投げた結果である.10回とは最初の10回のことです.
100回についても同様です.




このように試行の平均が母集団の平均に近づく様子が分かります.