7.1 同時確率分布の定義

  3. 2次元の度数分布表

2次元の度数分布表というのも考えられます.

まず{}{}というの2つの分割を考えます.

そして,次のような表を作ります.



例としては,
あるサイズ,あるサイズ,こういう2つの確率変数が与えられているとします.

No
1
2
3
2
1
1
3
2
2
4
3
4
5
4
2


すると,この表から下のような2次元の表が得られます.



このような表が考えられます.或いは,確率で書いてもいいです.これは2次元の度数分布表です.