5.4 分散

  2. 例1

No.1
f
1
2.5
2
2.5
3
2.5
4
2.5

No.1
g
1
2.4
2
2.6
3
2.4
4
2.6


例の表を式で表すと,



となります.

但し,散らばり具合からすると,




となります.

このことから,は平均値は同じですが,には散らばりがなく,他方は散らばっているということがわかります.