5.3 確率変数の合成

  3. いろいろな合成

同様にして,可測関数のいろいろな合成が考えられます.

例えば,



あるいは,





あるいは,



といったものが挙げられます.

最後の「」は
 (実数)の意味になります.
つまり,一定値の写像とします.
は単独でも−可測な確率変数となります.

次のような式が成り立ちます.





このように数の殆どの公式が確率変数に対しても成立します.



更に複雑な合成としては,







といったものが挙げられます.