1.1 表の科学

  2. 項目が複数の表(多変数の表)

前頁の2つの表を1つの表の中に入れてしまう事ができます.
前ページの2つの表を1つにまとめた表
生徒No.
出身県
身長(cm)
1
長野
149
2
静岡
160
3
岩手
155
4
大分
162
5
奈良
170
6
長野
168
7
富山
163
8
新潟
172
9
東京
163
10
宮崎
167

このようにいくつかの項目を右側に書きます.
こういう表はコンピュータでいえば,通常表計算ソフトで扱います.
文字は,文字のストリングとして扱います.
数値は,数値として扱います.

ここでもう1つ表を作るとします.
たとえば,身長のランク表を作ります.

身長のランク表
身長(cm)
身長のランク
150未満
A
150cm以上160cm未満
B
160cm以上170cm未満
C
170cm以上
D

とします.

すると,次のような表が得られます.

各身長別にランクをつけた表
生徒No.
出身県
身長(cm)
身長のランク
1
長野
149
A
2
静岡
160
C
3
岩手
155
B
4
大分
162
C
5
奈良
170
D
6
長野
168
C
7
富山
163
C
8
新潟
172
D
9
東京
163
C
10
宮崎
167
C

このようにもう1つ項目を付け加えることが出来ます.
つまり3つの表を1つに合わせることが出来ます.