1.1 表の科学

  1. 表の種類

表(table)というのは,私たちの日常に多数ありますが,この確率論でも非常に重要な概念です.確率論だけでなく,ソフトウェア工学においても重要な概念です.

たとえば10人の生徒がいたとします.その時の10人の生徒の表は次のようになります.

出身県との対応付けするもの
生徒No.
出身県
1
長野
2
静岡
3
岩手
4
大分
5
奈良
6
長野
7
富山
8
新潟
9
東京
10
宮崎

出身県には数字は入っていません.また,生徒No.は便宜的に数を入れましたが,数でなく名前でも良いのです.
このようにすると,1つの数値でない表が得られますが,数値の表というものも考えられます.
数値の表には以下のような表(身長の表)が考えられます.

数値の表
生徒No.
身長(cm)
1
149
2
160
3
155
4
162
5
170
6
168
7
163
8
172
9
162
10
167

このようにすると数値の表が得られます.