論理回路 

目次


第1節 同期式と非同期式の順序論理回路

第2節 非同期式順序論理回路の設計−状態遷移表

第3節 非同期式順序論理回路の設計−論理式と回路

第4節 非同期式順序論理回路の設計−リレー回路


テスト

Logをみる

Back
 

第4章 順序論理回路

    第4章 順序論理回路

 第2節 非同期式順序論理回路の設計−状態遷移表

 以下のような状態遷移図で与えられる状態機械を考えましょう。

 「最初状態0にいて、入力A を1にすると状態@に遷移し、A を0にしてもそこに留まり、次にB を1にすると状態Aに遷移し、B を0にしてもそこにとどまる。以下同様にA とB を交互に1にしてゆくとB、C、Dと遷移し、最後にB=1 とすると状態◎に戻る」 というものです。これを状態遷移図にしますと、次の図になります。

 

 またこれを次のような表(「状態遷移表 state transition table」))にします。但し各状態はS0,S1,S2,S3,S4,S5という論理変数(「状態変数 state variable」という)で表します。

   Next States
St\AB 00 01 10 11
-----------------------
 S0 | S0 S0 S1 x
 S1 | S1 S2 S1 x
 S2 | S2 S2 S3 x
 S3 | S3 S4 S3 x
 S4 | S4 S4 S5 x
 S5 | S5 S0 S5 x

この表の見方ですが、例えば一番上の

 S0 | S0 S0 S1 x

では、状態S0のとき入力が何であれば、次にどの状態へ遷移するかを表したものです。A=1 かつ B=1 のときはどうなるのか、は状態遷移図には表れていませんが、入力としてこの組み合わせは許されていない、とします。このような条件を

「入力条件 input condition」

といいます。この入力条件を満たすようにするにはメカ的にボタンA とボタンB を同時に押せないようにしたり、あるいは同時に押されたときはA のみが押されたと判断する、として回路の前段に

 A' = A

 B' = B and not A

というような簡単な論理回路を付加することもあります。