論理回路 

目次


第1節 スイッチのON,OFFから電圧の高低へ

第2節 ダイオードでand の回路を実現

第3節 ダイオードでor の回路を実現

第4節 トランジスターでnot の回路を実現


テスト

Logをみる

Back
 

第2章 電子回路による論理回路の実現

 第2章 電子回路による論理回路の実現

 第3節 ダイオードでor の回路を実現

 前節と同様に入力としてA,B があり、それらは電圧の高低によるTrue,False の値を持つとします。すると次の図で、入力の所にそれぞれダイオードを順方向に繋ぎ、出力に抵抗を介してアースに繋ぐとすると、or 回路が実現されるのです。図中D1,D2 がダイオードの記号です。

  

なぜor 回路になるかというと、A,B いずれかが高電位ですとその入力に繋がったダイオードに電流が流れ、抵抗R があるため出力P が高夏電圧になるのです。そのとき残りの一方の入力端子が低い電圧でもそれに繋がったダイオードが逆方向には流さないので、出力に影響を与えることはありません。

 またA とB ともに低い電圧になったときは、ダイオードがいずれも電流を流さないので、出力P は低い電圧になるのです。

 即ちこの回路で

 P = A or B

が実現した訳です。