論理回路 

目次


第1節 スイッチの直列と並列

第2節 スイッチの組み合わせ

第3節 スイッチとリレー

第4節 リレーの利用


テスト

Logをみる

Back
 

第1章 スイッチ回路と論理学

    第1章 スイッチ回路と論理学

 第1節 スイッチの直列と並列

 2つのスイッチをそれぞれ A, B という記号で表します。2つのスイッチA,Bを直列に接続し、そこに電池とランプF を下の図のように繋ぎます。

 

するとランプF が点灯するのはスイッチA がONで、かつスイッチB がONのときですから、

  F = A and B

と書くことができます。

 これと対照的に2つのスイッチを並列に繋ぐと次の図になります。

  

これはスイッチA がON、またはスイッチB がONであればランプF が点灯しますから、

  F = A or B

と書くことができます。