第1章 Key Moduloによる暗号化

 

整数のmoduloをとる操作によって暗号(Cryptogram)

をつくることができます。

例えば元の文章(の一部)を何桁かの整数Mで表したとします(例えば

文字コードを10進数で表し、何文字かづつをひとまとめにして、

ひとつの整数と考えればよい)。このような整数Mを(ある2つの整数EとN

を考え)E乗し、かつ整数Nによるmodulusを考えます。即ち、

 

(mod N)

 

ここにCは 0<C<N なる整数です。このCを暗号文として使うのです。

このとき整数Eを暗号化のキー(Key)といいます。

例1 E=5,N=407、M=234のとき

234 155 (mod 407)

よって 暗号は C=155。

Back