Animated Logo

仕訳から元帳への転記

目次

仕訳(単一)

仕訳(複合)

総勘定元帳

仕訳から元帳への転記

TEST

仕分の内容を元帳へ書き写すことを転記といいます。ただルールにしたがって移すだけですから簡単なようですが、貸方と借方を一つ間違えると大変なことになります。

では次の仕訳を元帳に転記してみましょう。

                 仕訳伝票        1999年6月20日
   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   借 方   |    金   額(円) |    貸  方
   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     建 物               17,000,000              現 金
   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                            備考:

仕訳の内容は、建物を17,000,000円、現金で買ったということです。 まず借方から転記します。

                            総勘定元帳
                               建物 ←勘定科目
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    年 月 日|   適用     | 借方金額 | 貸方金額 |貸または借| 差引残高
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   1999/6/20|   現金    |17,000,000|          | 借      |17,000,000
      ↑           ↑             ↑
   日付転記  相手方の勘定科目  借方金額転記
      

次に貸方ですが、この仕訳伝票から転記した部分は最後の行になります。

                             総勘定元帳
                               現金 ←勘定科目
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     年 月 日|   適用     | 借方金額 | 貸方金額 |貸または借| 差引残高
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   1999/4/1 |   資本金   |20,000,000|          | 借     |20,000,000
   1999/4/5 |   備  品   |          |   120,000| 貸     |19,880,000
   1999/4/10|   商  品   |          |   100,000| 貸     |19,780,000
   1999/4/25|   給  料   |          |   100,000| 貸     |19,680,000
   1999/6/20|   建  物   |          |17,000,000| 貸     | 2,680,000 

このように建物なら建物の、現金なら現金の科目だけを抜き出して日付順に転記していきます。