第1章 複素数
§1 複素数の定義
 2つの実数a,bの組 (a,b)を複素数(complex number)
いい、z,z1,z2などの文字で表します。
 z=(a,b)を一般には文字iの多項式 z=a+biのように書き
ます。即ちaをiの0次の係数、bをiの1次の変数と考えます。従って
     bi+a, a+ib
なども同じ複素数zを表します。
 aを複素数zの実部(real part)といい、Re z で表します。
またbを複素数zの虚部(imaginary part)といい,Im z で
表します。
 例1: Im (a1+a2−b1i−b2i)=−b1−b2
 例2: Re (a1−a2+bi)=a1−a2

 2つの複素数z1,z2において、実部と虚部が等しいとき、それらは
複素数として等しい(z1=z2)とします。即ち
公式1:    Re z1=Re z2 かつ Im z1=Im z2 
                 ならば z1=z2

 複素数の0cと書くこともあります)は、i のことです。
 また 0+1i =i を虚数単位(imaginary unit)といいます。


戻る