Animated Logo

OPアンプ〜反転増幅回路〜

目次

OPアンプとは

反転増幅回路

非反転増幅回路

加算回路

差動増幅回路

積分回路

微分回路

 反転増幅回路は上図に示されるように,反転入力端子(−)に抵抗Rs を接続して入力を加え,非反転入力端子(+)をアースします。そして「フィードバック抵抗Rf 」によって出力より反転入力端子(−) に負帰還をかけます。

 増幅についてですが,OPアンプ自体の入力インピーダンスが非常に大きいことからOPアンプに電流はほとんど流れ込みません。このことから電流Is は「フィードバック抵抗Rf 」に流れるため



従って



が成り立ちます。

また,OPアンプは差動増幅器なので





OPアンプの開ループ電圧利得Ao は無限大に近いので



この状態をイマジナルショートといいます。この場合Vp =0からVn =0なのでヴァーチャルグランド(仮想接地)ともいいます。Vn =0を代入して



反転増幅回路の電圧利得は



となります。負の符号は位相(極性)が反転することを示しています。

要点: