茶道の歴史

茶道の源流
 茶道の創始者は,唐の人,陸羽(733〜804)と言われています.
 彼は,世界最初の茶道家,茶博士として有名です.
 著作としては「茶経」があります.

日本の喫茶風習の始まり
 平安時代,遣唐使や留学僧が相次いで唐より帰国しており,種を持ち帰ったのが 始まりといわれます.
 しかし,うまく実らず一度衰えたようです.
 が,鎌倉初期になって,栄西禅師が中国より持ち帰った茶の種が,始めは九州で, 後に宇治の明恵上人に渡され,宇治の土地柄が良かったおかげでうまく育ち,有名な 宇治茶の基となります.
 後に,栄西禅師は『喫茶養生記』を記しており,この事から分かるように,茶は はじめは,薬であったようです.

発展
 室町中期の東山時代には,珠光という茶僧が現れ,茶湯の道を確立させると, それ以前の中国宋代の闘茶の影響をうけた,競技本意で豪奢な物から,侘びた 庶民的な姿に落ち着きました.
 また,珠光の先輩で室町八代将軍義政の同朋を努めた能阿弥の考案した書院台子の 厳粛な茶湯が公武の上流社会の儀礼用に用いられていましたが,室町後期の戦国 時代になると珠光の孫弟子にあたる武野紹鴎という大茶匠が現れ,次いで紹鴎の 晩年の弟子である千利休がその後を継ぎ,公武の茶事の改革を図ると,能阿弥流の 書院台子の茶湯は,その影をひそめました.

現代
 利休誕生約470年経ったいま,流派は表千家,裏千家,武者小路千家の三千家を はじめ,多数の流派が,その志を脈々と受け継いで今に至っています.

Back Home English