長唄「賤の苧環」


この日本舞踊は,源 義経の愛人だった静御前が,吉野山で義経と悲しい別れをして, 鎌倉へ来るまでの道行きがあり,その後,鶴ヶ岡八幡宮の社の前で,頼朝に所望され, 白拍子の舞いを披露します.しかし,捕らわれの身でありながらも,義経を恋慕い, その恋しい人の身の安全を祈ったため頼朝の不興をかったという古事を舞踊化した物 ものです.

AVI File

AVI ファイルには音も入っています.

(0.2 Mbytes) (0.5 Mbytes) (0.7 Mbytes) (0.9 Mbytes) (0.8 Mbytes) (0.9 Mbytes) (1.0 Mbytes) (0.9 Mbytes) (0.5 Mbytes) (0.8 Mbytes)


Quick Time
Back Home English