食べる物 月見だんごなど

時期 旧暦8月15夜と9月13夜


十五夜の行事は中国で始まり、平安時代に日本に伝わり宮廷の月見の席では月の詩や歌を作り、雅楽を奏でた そうです.江戸時代になると、多くの人々の間にも月見が広まり、だんごや枝豆、里芋、栗、柿、すすきなどを 供えるようになりました.十五夜は「仲秋の名月」または「いも名月」といわれ、主に里芋を供えて食べていま した.また、十三夜を「後の名月」、「豆名月」といい枝豆を供えて食べていたようですが、現在では月見だん ごが主になっているようです.


Back Home English