食べる物 年越しそば
時期 12月31日


年越しそばは,江戸中期からの風習であろうとされ,江戸後期には地方によっては 欠かせない物であった.

由来

現在,「そば」といえば穀物でもあり麺でもあり区別しにくいが,江戸時代には麺のそばは そば切りとよんだ.

穀物のそばは中国の雲南省が発祥地と言われており,日本でも奈良時代には既に栽培されていた. 古くは粒食されていたようで,現在でも徳島県の山村には「そば米」があり,山形県には 「むきそば」がある.これらは殻がついたままのそばの実を塩水でゆでて,殻の口が開く頃に 取り出し,むしろの上でよく干してから脱穀したものである.

粉食されるようになってからは,そば掻,そば餅などとされ,そば切りが現れたのは慶長年間 (1596〜1615)のことである.


長野駅前のおいしいそば屋

English