食べる物 豆,いわし
時期 2月3日


節分には,「鬼は外,福はうち」と言いながら豆をまきます.
昔,鞍馬山の奥に鬼が住んでいました.この鬼は人々に乱暴をするので大変怖がられていました. ある時この鬼が都に暴れこもうとしました.そこで人々はたくさんの豆を炒ってこれを鬼に投げ, その目をつぶして都に入るのを防いだそうです.これが豆まきの始めといわれています.

平安時代の頃は12月の大晦日に,節分が行われていました.
室町時代になると2月の節分の日に,豆をまくようになりました.年の数だけ豆を食べる習慣も 室町時代からあったそうです.

「鬼は外」の鬼は,冬の寒さや病気,災難などのいろいろな悪い事をあらわしています.節分の 次の日は立春で暦の上ではこの日から春になりますが,新しい春を迎えるためいろいろな悪い事を 追い払おうという気持ちがこめられています.

節分の習慣といえば豆まきが代表的ですが,その他イワシやメザシの頭を玄関に飾るところもあります. また,節分の夜にこれらを食べる家庭もあります.イワシやメザシを焼くととても匂うので,このにおいで 鬼を追い払うという意味があります.