ひなまつり

食べる物 桃花酒,菱餅,よもぎ餅,白酒,蛤
時期 3月3日


 3月3日の雛祭りの風習が生まれたのは,天正以後のことではないかと言われています(「骨董集」).江戸時代には3月3日は5節句の1つに定められ,将軍家,大名,また民間でも雛祭りが行われるようになりました.雛祭りの由来については明らかではありませんが,平安朝のころからあった雛遊びと,中国から伝わった3月上巳の日の祓いの行事が合体して始まったもののようです.
 雛遊びは平安朝のころに上流社会で行われたもので,「源氏物語」や「宇津保物語」にも見え,少女たちの平日に行う,人形を使ったままごと遊びのようなものでした.
 また,祓の行事は人形に酒食を供えてから,もろもろの厄を人形に託して水に流す神事であり,これが雛遊びと一緒になって雛祭りとなったのであろうと言われています.
 従って,古くは人形は海や川に流す紙や藁の簡単なものでしたが,次第に高価な華麗な人形になって雛壇に飾り,雛料理を供えるようになりました.

 雛祭りの食べ物としては,白酒,菱餅や草餅,蛤の吸い物などがあります.また魚鳥や貝の形の菓子を供える地方もあります.古くは人形を海や川に流したことから,3月3日は海岸に出て遊ぶ風習が東北,中国,九州などに現在も残っています.雛祭りの食べ物に蛤やあさり,さざえなどの貝類があるのは,磯遊びで貝を拾って食べた名残であろうと言われています.